FC2ブログ

Bar BUNT's ブログ

名古屋の栄にある「Bar BUNT's」 の最新情報を本橋が配信いたします!

簡単そうで難しいバントのお話

皆さん、おはようございます!

これが台風一過というモノですね!
風は乾いていますが今日は夏日になるそうです!

暖かいって幸せですね。

さてさて、お店の名前の由来にもなっているバント。
皆さんはどんなイメージをお持ちですか?
僕は正直あまり好きな言葉ではなかったです。

ノーアウトランナー1塁と言えば鉄板な作戦ではあるのですが、昔は自分が信用されていないみたいな悲観的な捉え方をしてたんですよね。
きっと誰もが打って活躍してというのが理想だとは思いますが。

ただそんなバントも実は結構難しくて、決めて当り前なので失敗した時の精神的ダメージとチームの戦術的ダメージも凄く大きく勝敗の流れを左右するんです。
ましてや失敗から敗戦への流れになる負の連鎖は本当に強くて。

そんなバントがお店の由来となるとちょっと重く感じてしまうかもしれないのですが、実は深イイ話もあるんです。

これはCBCのアナウンサーの若狭さんからお聞きした話なのですが、
バントを日本語表記すると犠打って書くんですね。若しくは犠牲バント。

また、アウトのことを死という風に表記します。
要するに、バントをするということは自分が犠牲死してチャンスを広げるということなんです。
または次に繋ぐという表現をよく自分達は使うのですが、今より良い状況で次に回すみたいな。
これって凄いことだと思いませんか?
チームや誰かの為に犠牲になって舞台を整えるってなかなか出来ないですよね?
ましてや、その犠牲に失敗した時には批判の対象にしかならないんですよ。

僕の野球人生を振り返ると、犠牲になった数より誰かが犠牲になりチャンスを与えてもらった数が圧倒的に多いので改めて今までのチームメイトに感謝ですね。

そんな思いやりのカタチがバントであり、そんな思いやりが勝利に近づくということなんです。

これでなんとなくバントの奥深さが伝わりましたかね?

こういったキモチを持ってこれからも頑張っていくので、今後ともbunt&buntsを宜しくお願いします。

それと野球の試合でバントしている選手を見たら、少しだけそのキモチを感じてもらえるともっと野球が面白く見れると思いますよ!
スポンサーサイト



  1. 2015/05/13(水) 12:29:52|
  2. 野球
  3. | コメント:0
<<あの時間からの満員御礼2回転 | ホーム | 台風が来てるので…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

本橋

Author:本橋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

野球 (84)
お知らせ (0)
ブログ (5)
ゴルフ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR